Facility
施設紹介

処分施設

管理型最終処分場
Managed final disposal site

資源としての再活用が難しい廃棄物や、焼却炉から出る焼却灰を管理型埋立場にて埋立を行い最終処分を行います。

管理型最終処分場
埋立面積 埋立容量 設置場所
15,682m² 211,283m² 新保処理工場

処理品目

産業廃棄物

  • 燃えがら
  • 汚泥
  • 廃プラスチック類
  • 紙くず
  • 木くず
  • 繊維くず
  • 動植物性残さ
  • ゴムくず
  • 金属くずガラスくずおよび陶磁器くず
  • ガラスくず及び陶磁器くず
  • 鉱さい
  • がれき類
  • ばいじん
  • 政令13号廃棄物
  • 一般廃棄物(金沢市内からの発生物に限る)

浸出水処理施設
Leachate treatment facility

管理型最終処分場からの浸出水を、高度な水処理技術によって自然環境に影響の無いようにし、放流しています。毎日分析を行い安全性を管理しています。

処理能力
300m²/日
浸出水処理施設
戻る
お問い合わせ
ページのトップへ